#

円→ウォンへ両替時
100円=1003.09ウォン
ウォン→円へ両替時
100円=1038.81ウォン
2013.12.17 00:15:16
10.20 (土) 現在
ソウル 釜山 済州島
日→韓 韓→日

韓国の人々にとって、旧正月(ソルラル)は一年で一番大きな行事。
旧暦を生活の中に取り入れている韓国では、
旧正月連休に遠く離れて暮らしている家族や親戚が集まって新しい一年を迎える。
韓国の旧正月を通して、これまで知らなかった韓国のまた違う魅力を垣間見ることができる。


2012年の旧正月は1月23日。普通は1月1日を新年の始まりとし、世界中のほとんどの国が新しい年をこの日に祝う。だが、韓国は陽暦1月1日はそれほどでもなく、旧暦1月1日を新年の始まりとして祝う。旧正月当日は、朝早く起きてソルビム(新しい晴れ着)に着替え、先祖のために茶礼(祭事)を執り行う。ソルビムは旧正月当日に着る晴れ着で、今日の「韓服」を意味する。先祖に捧げる供え物は唐辛子粉とニンニクを使って味付けしない。また、鬼を追い払うのに使われる赤い小豆や桃もやはり使用してはならない。他にも韓国語でサムチ(サワラ)、カルチ(太刀魚)など末尾に「チ」がつく食材は使ってはいけないなど決まり事がある。

 

 ッククを食べて一つ歳をとる

茶礼の後は家族で朝食を一緒に食べる。旧正月の朝は必ずトックク(韓国式雑煮)を食べる。「トッククを食べて一つ歳をとる」という言葉がある。トッククは真っ白く新しく生まれなさい」という意味で食べる料理だ。白い餅は「明るさ」「清らかさ」「最初」を象徴する。ある人は長寿を意味するとも言い、またある人は餅のように財産を膨らまし続けるという意味ともいう。それほど色々な説があるが、白い餅とスープを食べることで昨年の名残を捨て去り、厳粛で清潔に迎えるという意味であることは確かだ。朝食が終わると、年配者へ順番に新年の挨拶をする。この時、徳談(相手の幸せを祈る言葉)を交わし、大人たちは子供たちにお年玉を渡す。午後には家族や親戚とユンノリ(韓国版すごろく)、ノルティギ(木の板のシーソーで飛ぶ遊び)、凧揚げ、チェギチャギ(小銭を紙で巻いて羽をつけたものを蹴鞠みたいにして遊ぶ)などして親睦を深める。このような伝統遊びには福を願い、健康を願う意味が込められている。

  旧正月を楽しむプロジェクト1、ソルビム試着
韓国の伝統衣装である韓服。韓服は色や素材、ディテールが多様だ。韓服は原色系の強烈で派手な色が多いが、この頃はほのかなパステルカラーの韓服も人気だ。また、韓服の色を選ぶときはチマ(スカート)とチョゴリ(上着)の色を統一して着る場合が多いが、韓服の伝統的な色のコントラストは双方原色であることが基本。韓服は他の衣類と異なり着方が複雑でもある。



  女性用韓服(チマチョゴリ)の着方



まずソクパジ(ズボンの形をした下着)、ポソン(足袋)、ペチコートの順で着る。それからチマ(スカート)を身に着ける。このときチマの裾が左側にくるようにする。その次にソクチョゴリ(上着の下に着る下着)とチョゴリ(上着)を着る。チョゴリを着るときは後ろにずれないよう前に引っ張って着る。オッコルム(結び紐) は韓国の人も結ぶのが大変。オッコルムを結ぶときは短い紐を上向きに交差させ、それから巻いて抜き出して短い紐で輪をつくる。その次に長い紐を輪の中に通して形をつくる。







  男性用韓服の着方

ズボンを履くとき、クンサポク(内股の布幅が大きい方)が右、チャグンサポク(内股の布幅が小さい方)が左にくるように着る。腰を締めるために紐を結ぶときは右から左に調節する。ズボンの裾はテニム(裾の部分を締める紐)で結ぶ。その次にチョゴリ(上着)を着て紐を結ぶ。それからチョッキを着てマゴジャ(一番上に着る上着)を着る。外出するときはトゥルマギ(外套)を着るのが一般的。男性用韓服を着るときに難しいのがテニムを結ぶときで、中央の縫い目を足の内側に寄せる。残りの部分を集めて後ろに回し、テニムで二回巻きつけてから結ぶ。


Tip. 韓服体験ができる場所 仁寺洞広報館
韓服を着て写真撮影ができる場所。伝統韓服から現代的にアレンジされた韓服まで色々選べる。 有料体験で料金は3,000ウォン。
Address 85-18, Gyeonji-dong, Jongno-gu, Seoul
Open hours 10:00~17:00
For inquiries 02-737-7890, www.hillnas.com


  旧正月を楽しむプロジェクト2、旧正月料理に挑戦
「旧正月の朝にトッククを食べてこそ一つ歳をとる」、餃子は「福を包んで食べる」など韓国の旧正月料理には色々な意味が込められている。それだけ、トッククや餃子スープは旧正月に欠かせない食べ物だからだ。旧暦1月1日の前日に家族全員が輪になって座り、餃子を一緒につくって親睦を深めるという意味合いもある。トッククと餃子スープはちょっとした違いだ。白いスープに餅だけを入れるとトッククで、ゆでた餃子を入れると餃子スープになる。 

  強力推薦「トックク」のおいしい店!
韓国の家
韓国の伝統宮廷料理文化や伝統公演、韓国文化商品を扱う複合文化空間の「韓国の家」。ここでもトッククを味わうことができる。冬の季節メニューで提供する「神仙炉トックク定食」は、まさに最高級の餅スープ料理と言える。神仙炉とは、鍋の中央にある筒の部分に炭を入れて軽く煮て食べる鍋料理のこと。本来の神仙炉料理は肉や魚貝類、野菜を入れて軽く煮て食べるもので、王や貴族たちが好んで食べた韓国宮廷料理だ。「韓国の家」はこの神仙炉にトッククを入れて高級なトックク神仙炉を完成させた。
Address 80-2, 2(i)-ga, Pil-dong, Jung-gu, Seoul
Open hours 12:00~14:00, 17:30~20:50 
For inquiries 02-2266-9101~3

トッククガーデン 
化学調味料を一切使わないで天然材料のみを使う。外国人観光客が大勢訪れる三清洞で韓国の伝統的な食べ物「トックク」を色々なレシピで紹介している。三清洞チョンドク図書館通り向かい側にあるので見つけやすい。料金は五色トックク、五色トックマンドゥグク(餅と水餃子のスープ)、カボチャ五色トックク、小豆五色トックク 7,000ウォン、エゴマ五色トックク、高麗人参鶏五色トックク 9,000ウォン。
Address 138-12, Hwa-dong, Jongno-gu, Seoul
Open hours 10:00~21:00
For inquiries 02-734-1661

掲載日:2012-02-17 最新更新日:2012-11-08
※ 現地事情により、現在とは記事の内容が異なることがありますので、ご了承ください。